雨漏りの恐ろしい二次被害|住宅の損傷を最小限にするためにも雨漏り修理は早急に行なう
男女

住宅の損傷を最小限にするためにも雨漏り修理は早急に行なう

雨漏りの恐ろしい二次被害

ワーカー

室内に水が垂れ落ちてくる雨漏りは、住宅に大きなダメージを与えてしまいます。特に懸念される問題が住宅基礎部分の腐食です。住宅の構造を司る基礎部分の多くは木材でできており、それらが腐食してしまうことで住宅の耐久性を著しく損ねてしまいます。屋根裏といった場所は日が当たらないため、ジメジメとした環境になりやすいのです。腐食が進行してしまうことで、住宅の倒壊といった大事故に繋がる恐れがあります。
その他では、アレルギーによる二次被害も深刻な問題です。木材が腐食してカビが生えることで、室内には不衛生な空気が循環してしまいます。喘息などをお持ちの方は、このカビが原因で喘息が悪化する恐れがあるのです。雨漏りの対応を先延ばしにしてしまうことで、人体への影響に繋がります。小さいお子様がいるご家庭では、雨漏り修理は迅速に行なうようにしましょう。
雨漏りの二次被害で最も恐ろしいのがシロアリの発生です。湿気や木材が大好物であるシロアリにとって、雨漏りしている住宅は格好の住処になります。木材をエサとするシロアリと、木材の腐食が混じり合ってしまうと住宅はあっという間に住めなくなってしまうでしょう。末期症状を迎えてしまった住宅は、震度2程度の地震で倒壊してしまいます。地震が多い日本では、そのような耐久性の住宅は不適合です。雨漏り修理や防水工事を施し住宅の強度を高めることが、住宅に長く住み続けるために重要となるのです。